宅配サービスの糖尿病食の効果を高めてみよう

Healthy meal

宅配の糖尿病食の食べ方に工夫しよう!糖尿病に適した食材も紹介

宅配サービスの糖尿病食の効果を高めてみよう

カート

野菜などから食べる

宅配サービスの糖尿病食を使った食事療法の効果を高める場合、野菜や海藻類から食べ始めるようにしましょう。野菜や海藻類から先に食べることで、緩やかに血糖値が上昇していきます。また、お腹も膨らみやすく、過剰摂取を予防できるでしょう。

食器

満腹になるまで食べない

満腹になるまで食事を取ってしまうと、血糖値が高まりやすくなります。ブドウ糖を蓄えすぎてしまうでしょう。糖尿病食による食事療法を実践する場合は、腹八分目で抑えるように意識します。余計なブドウ糖の摂取を抑えられるでしょう。

食事

食事の時間を決める

毎日決まった時間に糖尿病食を摂取するように心がけましょう。そうすることで、血糖値が安定するようになります。急な血糖値の上昇や下降もなくなるでしょう。さらに、1日3食に分けて食事を取るようにするのが、より効果的だと言われています。

料理

アルコールを控える

アルコールの摂取量が多くなると、インシュリンの分泌量も少なくなります。糖尿病が発症しやすくなるので注意しましょう。できればアルコールを一切摂取しないようにするのが理想です。もしくは、摂取量を大幅に制限すると良いでしょう。

糖尿病に効果的な食材

  • こんにゃくやしらたき、玄米など
  • 豆腐や豆乳などの大豆製品
  • 青魚やイカ、タコなどの魚介類
  • 牛肉や豚肉などの肉類
  • 鶏卵やウズラの卵
  • 小松菜やホウレンソウ、トマトなどの野菜
  • エノキダケやキクラゲ、生シイタケなどのキノコ類
  • わかめや昆布、海苔などの海藻類
  • チーズやバターなどの乳製品
  • ゴマやクルミ、松の実など