Healthy meal

腎臓病食などの宅配サービスについて学ぶ!病食の疑問も解消しよう

食事から健康に

食事を変えるだけでも、高い健康促進効果が得られます。しかし、普段料理をしない人が栄養バランスの取れた食事を作るのは至難の業です。病食の宅配サービスを利用するのが手っ取り早い方法と言えるでしょう。また、病気のレベルについての知識を持っておくと役立ちます。宅配サービスと合わせてチェックしておきましょう。

宅配サービスで購入できる美味しい腎臓病食

料理

病気じゃない人も購入可能

基本的に腎臓病食や糖尿病食の宅配サービスは誰でも利用できます。病食には、病気の人が食べるといったイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、健康が気になる人であれば、特に気にすることでもありません。試しに食べてみたいと思っている人でも、気軽に購入できるのが病食の宅配サービスなのです。

自宅に届けてくれる

宅配サービスを使って病食を注文すれば、わざわざ外出して購入する必要はありません。自宅に届けてくれるからです。また、数日分をまとめて購入することもできるでしょう。病気で外出するのが難しい人にとっても、嬉しいサービスだと言えます。宅配サービスを利用することにより、手軽に食事療法に取り組めるのです。

病気に合わせて選べる

食事療法といっても様々な方法があります。食事も、病気によって変わってくるでしょう。そして、病食の宅配サービスでは、腎臓病食や糖尿病食などを選ぶことができます。自分の病気に合わせた食事が手に入るのです。病気によって必要な栄養素も異なるので、食事が選べるのはありがたいことだと言えます。

[PR]
嚥下障害の基礎知識を紹介
食事を楽しむアイテムを豊富に販売中

腎臓病のステージを確認

腎臓病ステージ1

腎臓病のステージの中でも最も軽いのが、ステージ1です。基本的にたんぱく質の過剰摂取に気を付けます。また、カリウムの摂取量を制限する必要はありません。

腎臓病ステージ2

比較的軽めと言えるのが、腎臓病ステージ2です。まだ、たんぱく質やカリウムの摂取制限をする必要はありません。食事の摂取量を抑えるだけでも効果があるでしょう。

腎臓病ステージ3

腎臓病もステージ3に入ると、たんぱく質の摂取制限を行わなければなりません。たんぱく質は1日に0.8から1.0グラムの摂取に抑えるようにします。

腎臓病ステージ4

ステージ4にもなると、たんぱく質の制限だけでは足りなくなってきます。カリウムの摂取量も1日に2,000ミリグラム以下に抑えるようにしましょう。

腎臓病ステージ5

腎臓病の末期ともいえるのがステージ5です。ここまでくると、たんぱく質は一日に0.6から0.8ミリ以下、カリウムは1,500ミリ以下に制限する必要が出てきます。

病食を知ろう

腎臓病食について気になることがある人は、Q&Aにも目を通しておきましょう。疑問点が解消できれば、より効果的な食事療法を実施できるようになります。

腎臓病食のQ&A

たんぱく質制限の理由は?

エネルギー源として使われたたんぱく質は老廃物となります。そして、この老廃物は腎臓でしか処理できないのです。腎臓の機能が低下していると血液中の老廃物が増えてしまうので、たんぱく質の摂取を制限します。

たんぱく質は何に多いの?

たんぱく質を多く含んでいる食べ物の中で有名なのが肉や魚です。また、卵なども挙げられるでしょう。それから、ご飯やパン、イモ類や野菜にもたんぱく質は含まれているので気を付けましょう。

エネルギーの補給方法は?

たんぱく質が不足すると、力が入らなくなるでしょう。これを防ぐためにも、エネルギーの補給が大切になります。でんぷんや砂糖、バターやサラダ油などを上手く使ってエネルギーの補給を行うのです。

果物は食べたらだめなの?

基本的に果物にはカリウムが含まれています。しかし、摂取量を制限すれば食べても問題ないでしょう。また、ドライフルーツなどはカリウムの含有量が増えるので、取り過ぎに注意です。

[PR]
糖尿病食の宅配を希望★
すぐに対応してくれる